• Image 01
  • Image 02
  • Image 03
  • Image 04
  • Image 05
  • Image 06

MJN -Media Japan Networks,Inc-

Japan Media Matters

MJN (Media Japan Network)は、アメリカメディア業界(放送、広告、ニューメディア)への長年に亘るリサーチを通じたナレッジ、NYを拠点とする幅広いネットワークを活かし、アメリカメディアでの実践事例の分析、日本メディアへのリサーチ・コンサルティング、投資アドバイザリー、共同事業提案を提供しています。

BUSINESS

メディアレポート・マーケットリサーチ/分析
リサーチ視察コーディネーション

  • 購読ベースのメディアレポート配信
  • プロジェクトベースのカスタマイズされたマーケットやトレンドリサーチ分析
  • アポイントメントから通訳までワンストップで提供するリサーチ視察コーディネーション

戦略コンサルティング
投資アドバイザリー

  • 米国メディアの事例を分析し、放送局のメディア戦略の立案サポート
  • M&A等の戦略コンサルティングおよび投資アドバイザリー

番組販売・共同制作・番組買付

  • 米国のテレビ局への番組販売
  • 米国のテレビ局からの番組買付
  • 米国のテレビ局との番組共同制作

翻訳・通訳・イベント企画
番組/ビデオ制作・マーケティングブランニング

  • 放送業界動向、放送制度・政策、広告市況、最新技術・システム等、専門分野の翻訳や通訳
  • 事前リサーチ・交渉、イベントオペレーション、協賛セールス、マーケティング代行
  • 米国における番組/ビデオ制作の企画、ロケ、技術コーディネーション
  • 米国における事業展開に際してのマーケティングプランニング、メディアバイイング

VALUE

  • ネットワーク

    メディアが集中するNYを拠点とし、米国の4大ネットワーク(CBS、NBC、ABC、FOX)をはじめ、MVPDやケーブルチャンネル(Comcast、ESPN)、OTT(Netflix、Hulu、Amazon)、ニューメディア(VICE、BuzzFeed、NowThis等)への幅広いネットワークを通じたサービスを提供します。

  • 現場主義

    ニューヨークという地の利を活かし、常に最新の情報を、直接担当者から入手することで、バイアスのない一次情報を提供します。

  • 日米双方への深い理解

    日本の放送局での経験とアメリカでの8年間のメディアリサーチの経験を活かし、単にアメリカメディアの成功事例のみを提供するのではなく、日米の違いを認識し、日本のメディア業界に適したソリューションを提供します。

ABOUT

渡邉卓哉Takuya Watanabe

2002年フジテレビジョン入社。編成制作局にて、サッカー・バレーボール・ゴルフなどのスポーツ実況を担当。2006年より人事局にて、採用・研修などに関わる。2008年より米国子会社のFCI,INC.に出向し、社長室のマネージャーとして、経営計画の策定、経営管理、人事政策、投資事業など、マネジメント全般を担当。2013年にはFSVの米国出資案件を担当。社業と並行して、Fordham Universityにてメディアとファイナンス専攻のMBAを取得。2014年より事業開発部のディレクターとして主に、テレビ局・民放連などへの米国メディアマーケットの分析リサーチ・レポート、戦略コンサルティングおよび投資アドバイザリー、番組販売・買付、イベント企画・プロデュースに従事。
2016年NYにて独立。

INQUIRY

以下のフォームに必要事項を入力してください。

Please input your name.

Please input your email.

Please input message.

入力内容をご確認ください。

Name
Email
Message

お問合せありがとうございました。
ご入力いただいたメールアドレスに確認メールをお送りしましたのでご確認ください。

確認メールが届かない場合

フリーメール、モバイルメールをご利用されていますでしょうか。
以下の内容をご確認ください。

◆ ご注意ください

メールアドレスの入力間違いで、当サイトからのご返信がエラーで戻る事がございます。
また、携帯電話のメールアドレスや無料のフリーメールアドレスをご利用の方で、 当サイトからのメールが届かないというお問い合わせをいただいております。 下記の内容をご確認ください。

◆ Gmailなど無料フリーメールアドレスをご利用のユーザ様へ

無料のフリーメールアドレスの場合、必要なメールでも「迷惑メールフォルダ」に振り分けられたり、 「遅配」や「不配」が発生することも多いようです。
当サイトから大切なメールをお送りすることがございますので、迷惑メールフォルダのご確認、 またはメールアドレス“tak@mediajapannetwork.com”からの受信ができるよう設定をお願い致します。
※設定方法に関しましては各プロバイダにお問合わせ下さい。

◆ 携帯電話のメールアドレスをご利用のユーザ様へ

当サイトからのご返信はPCアドレスを使用しております。
携帯によっては初期設定でPCメール拒否になっている場合がありますので、PCメールの拒否解除、 またはメールアドレス“tak@mediajapannetwork.com”の指定受信をお願い申し上げます。
※設定方法に関しましては各携帯電話会社のショップ等にお問合わせ下さい。

それでも問題が解決しない場合は、プロバイダ等にお問い合わせ下さいませ。